Less is More.by info Mart Corporation

「Less is More. 」は株式会社インフォマートが運営する、グローバル化・デジタル化する世界で失われる/失いたくないモノ・サービス・概念などを幅広く取り上げ、未来を再創造するためのメディアです。https://www.infomart.co.jp/

Less is More.by info Mart Corporation

「Less is More. 」は株式会社インフォマートが運営する、グローバル化・デジタル化する世界で失われる/失いたくないモノ・サービス・概念などを幅広く取り上げ、未来を再創造するためのメディアです。https://www.infomart.co.jp/

    最近の記事

    物性物理学は、世界をハックして、未来を創造する。高三和晃氏インタビュー。

    「物性物理学」をご存知だろうか。今回インタビューをする、東京大学理学系研究科物理学専攻・助教の高三和晃氏は「物性物理学を知ることで、世界の見え方が変わる」と語る。量子力学や統計力学といった大学で学ぶ物理学を理解した上でようやくその面白さが分かるという難易度の高い学問だが、まさに私たちの日常と地続きの話であり、圧倒的な未来の話だ。 -今日は「物性物理学の入門編」としてお話をお聞かせください。 高三:よろしくお願いします。物性物理学は専門でない方に説明するのがいつも難しいので

    スキ
    43
      • 「資金繰り」から日本の経済を考える。株式会社HIFAS代表・姫野氏インタビュー。

        「資金繰り」と聞いてどのような印象を持たれるだろうか?今の日本経済を底上げするには、この「資金繰り」から考えるべきだと、株式会社HIFAS代表・姫野氏が語ってくれた。資金繰り管理に特化したクラウドシステム「milestone」を提供する姫野氏の分かりやすい資金繰りと日本経済の問題点とは? -姫野さんのキャリアからお教えください。 姫野:小学校から社会人になるまで、バトミントンばかりやっていて、体育会系ど真ん中でした。就職活動も乗り遅れましたが、縁があって通信工事の会社で現

        スキ
        14
        • 多様に拡張するアルコール飲料の未来。shizuq・齋藤久平氏インタビュー。

          アルコール業界が大きな分岐点を迎えている。パンデミック以降、気軽に飲みに行く文化が薄れてしまった中、低アルコール・ノンアルコール・微アルコール飲料などの多種多様な商品が増え、飲みの場も変化している。 そうったアルコール業界の未来や現在の変化について、アルコールを中心に飲料全般のプロデュース・ディレクションを手掛けるshizuq・齋藤久平氏にお話をお聞きした。 アルコール・飲料全般をプロデュース・ディレクションする仕事。-まずは、齋藤さんのお仕事について教えてください。

          スキ
          16
          • 歴史と文脈から考える、新しい地方都市復興。君島真実氏インタビュー。

            栃木県 那須塩原市にある高林は、失礼ながらよくある地方の一地域と言える。人口も緩やかに減少し、産業も同じように衰退している。 そんな街に「河内屋(かわちや)」という駄菓子屋がオープンした。オープンしたというよりは、2005年に廃業したお店を再び復活させた。 そのプロジェクトの中心にいたのが、地元にある曹洞宗の寺院「高林寺」の副住職の君島真実氏。君島氏は、2018年忘れ去られた夏祭りを復活させ、今回の駄菓子屋を復活させた。一見関連なさそうではあるが、実は地方の文脈を紐解くことで

            スキ
            23

            未分化な言語が教えてくれる、子どもたちに見えている世界。萩原広道氏インタビュー。

            私たちが、普段何気なく使っている言語。言語を習得する以前、自分自身が物心つく前の世界がどのように見えていたのか、思い出せる人はほとんどいないと思う。 萩原広道氏は、子どもたちの発達を言語の側面から研究することで、子どもがどのように世界を捉えているのかを明らかにしようとしている。それは、私たち大人にとっても非常に多くのことを教えてくれる。 子どもたちに見えている世界。-まずは、萩原さんの専門から教えてください。 萩原:子どもの発達が専門だということにしています。現在は、特に

            スキ
            25

            「この仕事が、世界を変えるんだ。」石坂産業の姿勢から学ぶ見学リポート。(里山編)

            日本企業として初めてAmazonが主導する「気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)」に署名した石坂産業株式会社のリポート。前回の工場見学に引き続いて、今回は東京ドーム4.6個分もの敷地面積のおよそ8割を占める里山「三富今昔村」を見学する。 海外40カ国以上から視察団を迎え入れている産業廃棄物中間処理工場が、本気で続ける環境保全の一端に触れていただければ非常に嬉しい。 里山の入口/くぬぎの森交流プラザ-一般の方も利用できるカフェラウンジとしても機能

            スキ
            12

            「この仕事が、世界を変えるんだ。」石坂産業の姿勢から学ぶ見学リポート。(工場編)

            日本企業として初めてAmazonが主導する「気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)」に署名した石坂産業株式会社をご存じだろうか? 石坂産業が手がけるのは「産業廃棄物中間処理」。1999年にダイオキシン問題の風評被害で地元から反対運動が起きたところから一転、現在ではSDGsに取り組む最先端企業としてグローバルでも注目を集めている。 今では、持ち込まれた産業廃棄物を”焼却”するのではなく、徹底的に”分別分級”することで減量化・再資源化率、なんと98%

            スキ
            20

            プラグマティズムと非合理な情熱。学びの果ての衝動。哲学者・谷川嘉浩氏インタビュー。

            「プラグマティズム」という思想をご存知だろうか?プラグマティズムは、「実用主義/道具主義/実際主義」などと訳され、近代哲学の中でも特に注目され続けている思想ではあるものの…どうにもイメージが掴みにくく、きちんと説明できる人は少ないのではないだろうか。 Less is More.では2回目の登場となる哲学者・谷川嘉浩氏。今回は氏が専門としている「プラグマティズム」について詳しく聞いてみた。自身も哲学者であり、プラグマティストである谷川氏が、日々の中でどのようなことを考え実践し

            スキ
            77

            鍼灸の研究が導く、代替医療の可能性。科学と精神のバランス。加藤容崇氏インタビュー。

            サウナ学会で有名な加藤容崇氏による「鍼灸の効果を脳科学的に検証した論文」の全文が公開された。鍼灸は3000年以上の歴史を持つにもかかわらず、その効果・効能は非常に曖昧で科学的な見地から語られることも少なかった。 加藤氏はこの最も古く現代でも愛されつつも怪しまれている「鍼灸」を脳科学の見地から解き明かそうとしている。 鍼治療の有効性は、本当にあるのだろうか?代替医療の可能性とエビデンスへの接し方についてもお聞きした。 鍼灸鎮痛の研究に至るまで。-当メディアでは、サウナのインタ

            スキ
            24

            製造業の未来と日本再興への道筋。ものづくり太郎氏インタビュー。

            日本の製造業をマニアックに紹介するYouTuberものづくり太郎氏は、自身のチャンネルでそんな製造業の先端情報を、余すことなく伝えている。ミニマルファブ・インダストリー4.0…。 かつてジャパン・アズ・ア・ナンバーワンと言われた日本を支えた製造業。その現在と、そこから見える日本がグローバルで活躍する道筋についてものづくり太郎氏にお聞きした。 日本の製造業は、グローバルでもまだまだ勝てる。-ここ10年における時価総額から見ると日本の成長企業の多くは製造業が占めていますよね。

            スキ
            38

            お布施と唐揚げ。新しい循環の在り方。三浦祥敬氏インタビュー。

            三浦祥敬氏は、全国各地を巡礼しながら、各地で唐揚げを無償で配りながら暮らしている。面白いのは、唐揚げを売るわけでなく「配る」。その代わりに貨幣はもちろん、衣食住などのお布施をいただくことで、生きていくという稀有な暮らし方をしているという。私たちはこれから不安定な経済や貨幣といった制度とどのように向き合い、不安に苛まれることなく楽しく暮らしていけるのか。そのヒントがもらえるのではないかと思い、お話を聞いてみた。 ボランティアでも宗教でもない「お布施」による生活。-まずは祥敬さ

            スキ
            44

            もっと、自分のために花を飾ろう。フラワーアーティスト前田有紀氏/guiインタビュー。

            元民放アナウンサーとしてもご存知の方が多いとは思う前田有紀氏は、今ではフラワーアーティストとして、株式会社guiの経営者として活躍されている。花き業界全体の構造が変わる中、花の楽しみ方を次々と提案し続けている前田氏にお話をお聞きした。 私を軸にした仕事。私の心の満足。-前田さんを元アナウンサーとしてご存知の方も多いと思います。フラワーアーティストへとキャリアチェンジした経緯をお聞きしてもいいですか? 前田:約10年間、アナウンサーとしてとても充実したお仕事をさせていただき

            スキ
            129

            日本は、教育の選択肢を持てるのか?モンテッソーリ教師あべようこ氏インタビュー。

            さまざまな教育手法がある中で、藤井聡太棋聖をはじめ、オバマ元大統領、スティーヴ・ジョブス、ジェフ・ベゾス、マーク・ザッカーバーグなど名だたる世界のトップ層が学んだことでも知られるモンテッソーリ教育。この100年以上の歴史を誇る教育法は、子育てを体験したことのある方なら、一度くらいは耳にしたことはあるかもしれない。モンテッソーリ教育とはどういった教育法なのか?その現状を紐解きながら、日本での教育についての色々なご意見をモンテッソーリ教師あべようこ氏に伺った。 モンテッソ

            スキ
            99

            澱みなき日々につながりますように。銭湯事業・petec代表・関根江里子氏インタビュー。

            今回インタビューした関根氏は、株式会社petecを創立したばかり。主な事業は「銭湯」を手掛けるという。フィンテックやマーケティングなど、いわゆるモダンな現場で活躍していた関根氏がなぜ銭湯事業に取り組むことになったのか。いち早くお話をお聞きしてみた。 企業して銭湯事業をはじめるまで。-関根さんのキャリアからお聞きしてもいいですか?関根:大学生の頃にインターンシップで人材紹介の会社で働き出したのがキャリアのスタートです。 -学生の頃から働き出していたんですね。 関根:実は、

            スキ
            95

            信頼とビジネス。スタートアップを拡張させるローカルコミュニティの構築。Timewitch代表 三浦氏・岡田氏インタビュー。

            近年のスタートアップの一つのかたちとして、とてもユニークな企業がある。その名は「Timewitch」。そのビジネスモデルは端的に言うと、世界中を舞台にローカルなコミュニティを作り上げて、国内企業の生産性向上に寄与するものではないかとすら思う。 誰にでも考えつきそうで、でも誰にもできないビジネスモデルを作り上げたTimewitch。信頼関係をベースに、アイデアと気づきから始まったビジネス構築のヒントを、Timewitch代表 三浦氏・岡田氏のインタビューから学べるかもしれない。

            スキ
            33

            エネルギー問題に対して、私たちができること。ポスト石油戦略研究所代表・大場紀章氏インタビュー。

            現在さまざまな問題の中心にあるエネルギー問題。こうしたエネルギー問題は選択肢も広範に渡る上、利権や地政学なども複雑に絡み合い、どこから考えるべきかよく分からない方も多いのではないか。 私たちが、もう一度エネルギー問題を正しく理解し、どのように参加すべきなのか、エネルギーアナリスト/ポスト石油戦略研究所代表・大場紀章氏にお話をお聞きした。 エネルギー問題をどこから紐解くか。-現在、エネルギー問題と一口に言っても環境問題・気候変動問題など、複数の問題が複雑に語られています。どの

            スキ
            173